« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

いとまごい

060227_just_the_other_day_s

1790年代

一茶の原句

いつぞやがいとまごひ哉墓の露

itsuzoya ga itoma[go]i kana haka no tsuyu

David先生の英訳

just the other day

we said goodbye...

dewy grave

sakuoの連句

無情なる哉時の流れは

heartless is

the flow of the time

| | コメント (0)

2006年2月26日 (日)

芭蕉と海神

060226_sumiyoshis_lamps_s_1

一茶の原句

住吉の灯また消ル秋の風

sumiyoshi no tomoshi mata kiyuru aki no kaze

David先生の英訳

Sumiyoshi's lamps

die out again...

autumn wind

住吉神社は海の神様。芭蕉の句碑がある。

芭蕉は一茶より百年前の9月にお参りし句を読んだ。

sakuoの連句

芭蕉も参りし海の大神

once Basho called to

Sea god Neptunus

| | コメント (0)

2006年2月25日 (土)

風の大軍

060225_a_barracks_amid_waves_s

1970年代

一茶の原句

芦の穂の波に屯ス野分哉

ashi no ho [no] nami ni tamuro su nowaki kana

David先生の英訳

a barracks amid waves

of reeds gone to seed...

autumn gale

sakuoの連句

次々繰り出す風の大軍

marching out one after another

the large force of the wind

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

山の湖

060224_stillness_s_1

1792年 30

一茶の原句

しづかさや湖水の底の雲のみね

shizukasa ya kosui no soko no kumo no mine

David 先生の英訳

stillness--

in the depths of the lake

billowing clouds

sakuo の連句

たどり着きたる山の湖

finally reaching

mountain lake

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

水が湯になる

060223_high_noon_s

1792年 30歳、西国への旅に出る。

一茶の原句

日盛りや芦雀に川の音もなき

hizakari ya yoshikiri ni kawa no oto mo naki

David先生の英訳

high noon--

the reed thrush sings

to a silent river

sakuoの連句

暑さのあまり水が湯になる

too much hot

water turns boiled water

| | コメント (0)

2006年2月22日 (水)

お天道様

060222_ashamed_s

1790年代

一茶の原句

もたいなや昼寝して聞田うへ唄

motaina ya hirune shite kiku taue uta

David先生の英訳

ashamed

napping, hearing

the rice-planting song

sakuoの連句

お天道様に申し訳ない

I am sorry for

Sun God

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

燕に聞いて

060221_even_when_i_ask_direction_s

1790年代

一茶の原句

道とふも遠慮がましき田植哉

michi tou mo enryogamashiki taue kana

David 先生の英訳

even when I ask directions

they're so reserved...

rice planters

sakuo の連句

空の燕が道を教える

the swallows in sky

teach you way

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

旅の夢

060219_the_horses_fart_s

1792年 30歳西国への旅

一茶の原句

馬の屁に目覚て見れば飛ほたる

uma no he ni mezamete mireba tobu hotaru

David先生の英訳

the horse's fart

wakes me to see...

fireflies flitting

sakuoの連句

夢の続きや旅の夜

dream continuing

on the journey’s night

| | コメント (0)

2006年2月18日 (土)

山は晴れたり

060218_into_the_river_s

一茶の原句

川中へ蚤を飛ばする旦哉

kawa naka e nomi wo tobasuru ashita kana

David先生の英訳

into the river

fleas are tossed...

daybreak

sakuoの連句

蚤多けれど山は晴れたり

too much fleas but

mountain is fair

| | コメント (0)

2006年2月17日 (金)

水泥棒

060217_fifth_month_rain_s

1790年代

一茶の原句

五月雨夜の山田の人の声

satsuki ame yoru no yamada no hito no koe

David先生の英訳

Fifth Month rain--

in a mountain field at night

voices

sakuo コメント

水田では給水が最も大事な事である。特に苗の若い時はそうだ。

だから雨が不足したときは度々水争いが起きる。

そこで百姓は水泥棒を見張る為、夜間水田を見廻るのだ。

sakuo の連句

水泥棒に気をつけろ

take care for

water thief

| | コメント (0)

2006年2月16日 (木)

面が気になる

060216let_him_pass_s

1792年 30歳 西国への旅、関所に来た。

一茶の原句

通し給へ蚊蠅の如き僧一人 

toshi tamae ka hae no gotoki so hitori

David 先生の英訳

let him pass

like a mosquito, a fly...

solitary priest

sakuoの連句

お前の面が少し気になる

your countenance

feel uneasy a little

| | コメント (0)

2006年2月15日 (水)

日本一の五重の塔

060215_toh_temple_s

1792 30歳 西国の旅に出た。

 夏は京都に居る。

一茶の原句

塔ばかり見へて東寺は夏木立

to bakari miete toji wa natsu kodachi

David先生の英訳

just its pagoda shows

Toh Temple--

over the summer trees

sakuoの連句

日本一の五重の塔

five layers pagoda

it's Number one in Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

我は一人旅

060213_hamamatsu_beach_s

1792 30歳 西国の旅に出る。

一茶の原句

浜松や蝉によるべの浪の声 

hamamatsu

ya semi ni yorube no nami no koe

David先生の英訳

Hamamatsu

beach--

helping out the cicadas

singing waves

sakuo の連句

蝉に友あり我一人旅

cicada has friends

my travel

without company

| | コメント (0)

2006年2月12日 (日)

嫁は忙しい

060212_the_plum_tree_s

1792年    

30歳西国へ旅する。

一茶の原句

梅の木の心しづかに青葉かな

ume no ki no kokoro shizuka ni aoba kana

David先生の英訳

the plum tree

with heart at peace...

leafing green

sakuoの連句

花は終わりて嫁は忙し

blossom has ended

new wife busy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

雨は降らぬか?

060211_creeping_through_white_ss

一茶の原句

白雲の桜をくぐる外山哉

shira-gumo no sakura wo kuguru

toyama

kana

David 先生の英訳

creeping through white

cherry blossom clouds...

the mountain

sakuo の連句

次の宿まで雨は降らぬか

till the next stop

doesn’t it rain ?

| | コメント (0)

2006年2月 9日 (木)

優美な都

060209_in_kyoto_s_1

1792年30歳。西国の旅に出る。

京都にて都の雅に感心する。

辻が花は絞りを主にする染色技法、室町時代に

流行する。

一茶の原句

みやこ哉東西南北辻が花

miyako kana tôzainamboku tsuji ga hana

David先生の英訳

in

Kyoto

east, west, south, north...

summer kimonos

sakuoの連句

江戸で見られぬ優雅溢れる

Grace is full

that’s not seen in

Edo

| | コメント (0)

2006年2月 7日 (火)

早く帰ろう

060207_plowing_the_field_s

1795年30歳

西国の旅に出る。

春は熊本の阿蘇山あたりに居ただろう。

火山で有名な所である。

一茶の原句

畠打が焼石積る夕べかな

hata uchi ga yakeishi tsumeru yûbe kana

David先生の英訳

plowing the field
till he hits volcanic rocks...
evening

sakuoの連句

早く帰れよ牛が待ってる

go back home, the caw waiting

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

over Hell and Heaven

060206_such_is_lile_s

1793 31歳、西国に旅立つ

一茶の原句

命也焼く野の虫を拾ふ鳥

inochi nari yaku no no mushi wo hirou tori

David先生の英訳

such is life--
the burning field's bugs
a feast for birds

sakuoの連句

地獄極楽、越えて生き

over Hell and Heaven

life exist

| | コメント (0)

2006年2月 5日 (日)

高砂の尾上の松

060205_spring_breeze_s

1792 30.

三月、江戸を立ち、西国の旅に出る。

京都、大阪を経て、春風の頃播磨の高砂に来た。

謡曲で有名な尾上の神社へ、名物の尾上の松を

見た。

一茶の原句

春風や尾上の松に音はあれど

haru kaze ya onoe no matsu ni ne wa aredo

David先生の英訳
spring breeze—

only the pine on the ridge
whispers it

sakuo の連句

詩に詠まれし松に会えたり

could meet the pine tree

written in old poem

| | コメント (0)

2006年2月 4日 (土)

Floral Capital

060204_spring_ends_in_the_town_s


一茶の原句   1792, age 30.

行春の町やかさ売すだれ売

yuku haru no machi ya kasa uri sudare uri

David先生の英訳

spring ends in the town--
umbrella-hat, bamboo blind
vendors

sakuoのコメント

1792年三月一茶西国へ旅立つ。

東海道を経て京都、大阪へ。そこは経済の中心、

文化の都だった。

sakuoの連句

夏が近づく花の都に

summer is coming

to the floral Capital

| | コメント (0)

2006年2月 3日 (金)

不安と期待

060203_when_will_we_meet_again_s

1792年,  30歳

3月25日四国へ旅立つ。

一茶の原句 

いつ逢ん身はしらぬひの遠がすみ

itsu awan mi wa shiranuhi no tôgasumi

David先生の英訳

when will we meet again?
I'm off to will-o'-the-wisps
in the far mist

sakuo 連句

不安と期待旅始まりぬ

uncertain and exception

my journey begins

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

未練が残る

060202thinking_of_taking_off_s

一茶の原句 年代不明

行たいか雁伸上り伸上り

yukitai ka kari nobi-agari nobi-agari

David先生の英訳

thinking of taking off
goose on tiptoe
on tiptoe

sakuoのコメント

雁は一茶である。彼は芭蕉以来の伝統派を

脱会しようと迷っている。

そして彼が新たに参加しようとしているのは新興の

夏目成美の派である。

夏目は芸術の庇護者であり、又有力な金融業者でも

あった。

sakuoの連句

未練は残る俳句の本流

the main stream of haiku

remains still regrettable

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »