« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

蕉風逃れ

060429_gushing_pure_water_s

1804

一茶

湧く清水浅間のけぶり又見ゆる

waku shimizu asama no keburi mata miyuru

David 先生の英訳

gushing pure water--

Mount Asama

's smoke

appears again

sakuo のコメント

20年前に浅間山が噴火、大きい被害を与えた。

浅間の煙は不安をあらわす。湧く清水は新鮮な希望である。又見えるは影響の長引いた

葛西派の事を考えていたのかもしれない。

sakuo 連句

芭蕉派逃れ夏目派恋し

Basho ha nogare Natume ha koishi

parting from Basho sect

approaching Natume group

| | コメント (0)

2006年4月27日 (木)

早く帰ろう

060427_autumn_wind_s

1852

一茶

秋風や櫛の歯を引おく道者

aki kaze ya kushi no ha wo hiku oku dôsha

David先生の英訳

autumn wind--

like the teeth of a comb

pilgrims from the north

sakuo 連句

早く帰ろう寒い日が来る

hayaku kaerou samuihigakuru

return home in a hurry

soon cold day

| | コメント (0)

2006年4月26日 (水)

純情の恋

060425_hilltop_pheasant_ss

1806年 44歳江戸住まい。

一茶

丘の雉鷺の身持をうらやむか

oka no kiji sagi no mimochi wo urayamu ka

David 先生の英訳

hilltop pheasant

are you jealous of the heron's

style?

sakuo の連句

純情の恋あり沼の悪所にも

junjyou no koi ari numa no akusyo nimo

there is pure love

even in the swamp of red light

| | コメント (0)

2006年4月24日 (月)

我祝うなり

060424_one_leaf_s_2

1813年 51歳相続も片が付き、来年は結婚だ。

一茶

鶯に一葉とらするわかな哉

uguisu ni hito ha torasuru wakana kana

David 先生の英訳

one leaf

for the nightingale...

New Year's herbs

sakuo の連句

我が幸せを我祝うなり

waga siawase wo ware iwaunari

celebrating by myself

my happiness

| | コメント (0)

celebrating by myself

060424_one_leaf_s_1

1813年 51歳、相続争いを解決し、来年は結婚する。

一茶

鶯に一葉とらするわかな哉

uguisu ni hito ha torasuru wakana kana

David先生の英訳

one leaf

for the nightingale...

New Year's herbs

sakuoの連句

我幸せを我祝うかな

waga siawase wo ware iwau kana

celebraiting by myself

my happiness

| | コメント (0)

2006年4月23日 (日)

花婿宙を舞う

060422_to_wheat_field_s

1814,

52歳 4月11日28歳の彼女と結婚。

一茶

麦に菜にてんてん舞の小てふ哉

mugi ni na ni ten-ten mai no ko ch? kana

David先生の英訳

to wheat field, to vegetable patch

the little butterfly

dances

sakuo連句

婿嬉しくて宙を舞いたり

muko ureshiku te tyu wo mai tari

groom pleased

fry in sky

| | コメント (0)

2006年4月21日 (金)

泣くじゃあないよ

060421_the_grain_grinder_s

1813年   51歳故郷に住む。.

一茶

粉引に叱られてなくきりぎりす

konahiki [ni] shikararete naku kirigirisu

David先生の英訳

the grain grinder
gives it a scolding...
katydid

sakuoの連句

そう何時までも泣くじゃあないよ

sou itumade mo nakujya nai yo

don’t cry

so long

| | コメント (0)

2006年4月15日 (土)

happy Easter night

Two_in_the_sunset_of_amarufi

Sakuo has come to Amalfi.

Celebrating to meet Kamome san,

I am watching the sunset on the sea.

haiku,

Congratulation Easter night

Happy two in Amalfi

the sunset

sakuo.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前の宿場に泊れば良かった

060415_under_dewy_umbrellahat_s

1795

 

一茶

笠の露眠むらんとすれば犬の声

kasa no tsuyu nemuran to sureba inu no koe

David 先生の英訳

under dewy umbrella-hat

nodding off...

the dog barks!

sakuo の連句

前の宿場に泊まるれば良かった

mae no yadoya ni tomareba yokatsuta

at the last inn

I should stay

it’s regrettable

| | コメント (0)

2006年4月13日 (木)

茸の傘

060414_fifth_month_rain_s

1795年 33歳

一茶

五月雨や借傘五千五百ばん

samidare ya kashigasa go sen go hyaku ban

David 先生の英訳

Fifth Month rain--

the five thousand five hundredth

rented umbrella

sakuoの連句

茸の傘が家に溢れる

kinoko no kasa ga ie ni afureru

mushroom’s umbrella

full in the house

sakuo のコメント

一茶得意の数字遊び。

五月

五千

五百

数字の繰り返しが長雨の陰鬱を表している。

| | コメント (0)

2006年4月12日 (水)

旅に強盗

060412_wiseria_in_bloom_s

1795 33歳 四国の旅

一茶

藤咲くや順礼の声鳥の声 

fuji saku ya junrei no koe tori no koe

David 先生の英語

wisteria in bloom--

voices of pilgrims

voices of birds

sakuoの連句 

花に蜂来る旅に強盗

hana ni hati kuru tabi ni goutou

bees come to the flowers

robber attack traveler

| | コメント (0)

2006年4月11日 (火)

男心

060411_turning_round_s

1795 33

一茶

振向ばはや美女過る柳哉

furimukeba haya bijo suguru yanagi kana

David先生の英訳

turning 'round

just missing a pretty woman...

willow tree

sakuoの連句

未練かな 男心が影を追う

miren kana otoko gokoro ga ato wo ou

it’s regaetable

men’s feeling

follow after the shadow

| | コメント (0)

2006年4月10日 (月)

雨戸に俳句

060410_for_the_plum_moon_s

1795年 

33歳西国を旅する

一茶

梅の月一枚のこす雨戸哉

ume no tsuki ichi mai no kosu amado kana

David 先生の英訳

for the plum blossom moon

I remove

a rain shutter

David 先生のコメント

一茶はこの句を四国旅行中に作つた。昔の俳句

をあれこれ考えながら内海の海岸を歩いていて出来た。

sakuo の連句

梅と月いかに俳句に切り取らん

ume to tuki ikani haikuni kiritoran

plum and moon

how make them haiku

placing the frame

| | コメント (0)

2006年4月 9日 (日)

我もまた蕉風

060409_i_view_three_masters_s

1795年 33歳四国松山に遊ぶ。

一茶

正風の三尊見たり梅の宿     

shôfû no san-zon mitari ume no yado

David先生の英訳

I view three masters

of the original style...

plum blossom inn

David先生のコメント

この年四国松山を訪れる。芭蕉と蕉風の其角と素堂の掛け軸を見つけてこの句を作った。

松山市

の子規記念館の加瀬川館長の提供した資料による。

sakuoの連句

前説、一茶は芭蕉、其角と我が祖師素堂の掛け軸を見て、感激した。

素堂の孫弟子 我又正風

sodou no mago desi ware mata syoufu

Grand pupil of Sodo

me too

Original style

| | コメント (0)

2006年4月 7日 (金)

小林竹阿先生

060407_amid_his_graves_s

1795

一茶 

塚の花にぬかづけや古郷なつかしや

tsuka no hana ni nukazuke ya kokyô natsukashi ya

David 先生の英訳

amid his grave's

blossoms I bow...

missing him

sakuo の連句

小林先生 南無阿弥陀仏

kobayasi sensei  namu ami dabutu

Teacher Kobayasi

praising Amida Buddha

David先生のコメント

前言に、我が師の墓に参るとある。一茶全集によれば一茶は5年前の1790年に亡くなった師の竹阿の墓石を訪れている。それは何処か不明である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

旅ははかどる

060406_frogs_sing_roosters_sing_s

1795年

一茶

蛙鳴き鶏なき東しらみけり

kawazu naki tori naki higashi shirami keri

David 先生の英訳

frogs sing, roosters sing

the east

turns light

sakuo の連句

夜の早立ち旅ははかどる

yoru no hayadati tabi ha hakadoru

early starting in midnight

gone long distance

David 先生のコメント

前説によると、一茶は僧侶の法善と朝早く出発し、途中この句を詠んだ。

| | コメント (0)

2006年4月 3日 (月)

溶ける魂

060403_lying_down_s

1795

一茶

寝ころんで蝶泊らせる外湯哉

ne-koronde chô tomaraseru soto yu kana

David 先生の英訳

lying down

with a visiting butterfly...

outer hotspring

sakuo の連句

魂溶けて天地一体

tamashii tokete ten ti ittsutai

soul melt away

heaven and earth in a body

| | コメント (0)

2006年4月 2日 (日)

花霞

060401_butterfly_my_companion_s2

1795

一茶

蝶と共に吾も七野を巡る哉

chô to tomo ni ware mo nana no wo meguru kana

David 先生の英訳

a buttefly my companion

through Nana Field

we wander

sakuoの連句

花から花へ春を尋ねて

hana kara hana he haru wo tazunete

flower to flower

visiting spring

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »