« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

長崎の大晦日

060529_great_japans1

1793年31歳、年の暮に長崎へ行く、そこで新年を迎える。大晦日の発句。

一茶

君が世やから人も来て年ごもり

kimi ga yo ya karabito mo kite toshi-gomori

David先生の英訳

Great

Japan--

a foreigner also attends

the year's end service!

sakuoの連句

異人達と除夜の鐘聞く

ijintati to jyoya no kane kiku

with many foreigners

listen the watch-night bell

| | コメント (0)

2006年5月28日 (日)

北の故里

060528_on_the_day_of_departure_too_s

1803

一茶

帰る日も一番先や寡雁

kaeru hi mo ichiban saki ya yamome kari

David先生の英訳

on the day of departure, too

she leads...

the widow goose

sakuoの連句

我連れ帰れ北の故里

ware ture kaere kita no furusato

bring me back

north native village

| | コメント (0)

2006年5月27日 (土)

秋は永遠

060527_the_kitten_catches_one_s

1815

一茶

猫の子がちょいと押へるおち葉哉

neko no ko ga choi to osaeru ochiba kana

David先生の英訳
the kitten catches one
for a second...
fallen leaves

sakuo の連句
この瞬間に秋は永遠
kono syunkan ni aki ha eien

at this moment
autumn becomes eternal

| | コメント (0)

2006年5月26日 (金)

福茶伝わらず

060526_how_to_ladle_mothers_s

1820年 

一茶

お袋の福茶をくめる指南哉

o-fukuro no fukucha wo kumeru shinan kana

David先生の英訳

how to ladle Mother's

lucky tea...
a lesson

sakuo のコメント

一茶の家の福茶の伝へは、お祖母さんから義母へ、

義母から彼の妻へ伝わった。それは彼の娘さとへと

行くべきだったが、昨年亡くなっている。

sakuo の連句

母から娘へお茶伝わらず

haha kara musume he otya tutawararazu

from mother to daughter

the lucky tea wasn’t handed

| | コメント (0)

2006年5月25日 (木)

博打のご開帳

060524_cherry_blossoms_s

year unknown

一茶
花さくやとある木陰も開帳仏

hana saku ya to aru kokage mo kaich?butsu

David's English
cherry blossoms--
under every tree
a Buddha on display

sakuo コメント
開帳佛は寺の秘宝の仏像を年に一度公開することを言う。一茶の故郷、善光寺が
有名。其の時は特に境内で博打が許される。そこから博打を始める事をご開帳と
いう。

sakuoの連句
張った張ったや博打始まる
hatsuta hatsuta ya bakuti hajimaru

bet your chip on
gamble opening

| | コメント (0)

2006年5月22日 (月)

仕込み唄

060522_first_winter_rain_s

1812年10月流山に後援者の秋元氏を訪ねた。

彼は金持の醸造家。この時期は酒の仕込みの時季で、

杜氏の仕込み唄が聞こえてきた。

一茶

はつ時雨酒屋の唄に実が入ぬ

hatsu shigure sakaya no uta ni mi ga irinu

David先生の英訳

first winter rain--
songs in the tavern
become ripe

sakuo のコメントと英訳

訳「tavern」居酒屋は誤り。一茶は醸造家に逗留していた。

sakuoの英訳

first winter rain--

song in the brewery

become ripe

sakuo の連句

旦那の蔵から仕込みの唄が

dannna no kura kara sikomi no uta ga

from his Master’s yard

song of chief sake brewers

| | コメント (0)

2006年5月18日 (木)

豆腐光る

060518_left_out_all_night_s

1803年        享和3年 41

江戸本所五ッ目大島、勝智院に住む。房総を廻る。最大のスポンサー、流山の秋元双樹と親しくなる。

Issa 一茶

宵越しの豆腐明りの薮蚊哉

yoigoshi no tôfu akari no yabu ka kana

David先生の英訳

left out all night
the tofu gleams...
thicket mosquitoes

David先生のコメント

Shinji Ogawa believes that some sort of mold or bacteria is making the tofu gleam

sakuoの連句

豆腐カビ光る侘びしき暮しかな

toufu kabi hikaru wabishiki kurashi kana

mold on toofu gleam

solitary life…

| | コメント (0)

2006年5月17日 (水)

月とわら打つ

060517_just_for_fun_s

1819年,

57歳 最悪の年、6月最愛の娘死す。

一茶

なぐさみにわらをうつ也夏の月

nagusami ni wara wo utsu nari natsu no tsuki

David先生の英訳

just for fun

beating the straw...

summer moon

David先生のコメント

http://haikuguy.com/issa/queryallcodetest4.php?keywords=just+for+fun&year=1819

sakuo の連句

諦め切れず月と藁打つ

akirame kirezu tuki to wara utu

impossible to give up

beating the straw with moon

| | コメント (0)

2006年5月16日 (火)

昼寝かな

060516_treating_my_thatched_hut_s

1820年

58 歳 前年最愛の娘を死なし来年は次男を失う。.

Issa 一茶

草庵に来てはくつろぐ花見哉

sôan ni kite wa kutsurogu hanami kana

David先生の英訳

treating my thatched hut

like home...

blossom viewers

http://haikuguy.com/issa/queryallcodetest4.php?keywords=treating+my+thatched+hut&year=1820

sakuoの連句 

花の帰りや そろって昼寝

hanano kaeri ya  soruttsute hirune

returning from blossom

nap all together

| | コメント (0)

2006年5月13日 (土)

荒馬と

060513_an_unruly_horse_s

1824年

64歳、 五月再婚す。8月離婚。

一茶  

荒馬とうしろ合せや冬篭

arauma to ushiro awa[se] ya fuyugomori

David先生の英訳

an unruly horse
behind the house...
winter seclusion

sakuoの連句

外は吹雪や 菊想い出す

soto ha fubuki ya kiku omoidasu

snowstorm out side

reminding Kuku, my dear

| | コメント (0)

2006年5月12日 (金)

女見に出る女かな

060512_in_the_spring_breeze_s

1822

一茶

春風の女見に出る女かな

haru kaze no onna mi ni deru onna kana

David先生の英訳

in the spring breeze
they're out to watch the women...
women!

sakuo の連句

通りすぎるは姫の駕籠かな

toori sugiru ha hime no kago kana

passing by

the palanquin of princess

| | コメント (0)

2006年5月10日 (水)

良き日かな

060510_daybreak_s

一茶

有明や鶯が鳴く綸が鳴る

ariake ya uguisu ga naku rin ga naru

Davidの英訳

daybreak--

a nightingale sings

a bell rings

sakuoの連句

今日も良き日や仏の御蔭

kyou mo yokihi ya hotoke no okage

today will be good

under Buddhas Grace

| | コメント (0)

2006年5月 8日 (月)

悔いは無し

060508_the_nightingale_s2

一茶

鶯の苦にもせぬ也茶のけぶり

uguisu no ku ni mo senu nari cha no keburi

Davidの英訳

the nightingale

not at all concerned...

tea smoke

sakuo のコメント

年老いて、青春の思い出にふけることを 茶煙鬢糸(ちゃえんびんし)と言う。

晩唐の杜牧(とぼく)の詩から出た語。

この古事にならって、芭蕉の有名な句がある。

馬に寝て残夢月遠し茶の煙

鶯は一茶、彼には杜牧や芭蕉のように青春の思いにふける事は無い。

sakuoの連句

芭蕉悔やみし若き日の夢

basho kuyamisi wakaki hi no yume

Basho regreting

his early dream

| | コメント (0)

2006年5月 1日 (月)

いずこも仏

060501_even_in_the_sky_s

Issa 一茶

空に迄仏ましまして草の花

sora ni made hotoke mashimashite kusa no hana

David 先生の英訳

even in the sky
Buddha dwells...
wildflowers

sakuo の連句

至る所に仏の慈愛

itaru tokoro ni hotoke no jiai

every where

Buddhas Grace

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »