« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

兄弟家族で

060630_heat_shimmers_s

1818

一茶

陽炎や庇の草も花の咲く

kagerô ya hisashi no kusa mo hana no saku

David 先生の英訳

heat shimmers--
among grasses of the eaves
flowers

sakuo 前文と連句

18184月長女さと誕生。長年相続争いをした弟家族も

喜んだ。隣り合った親族に春が来た。

二つ家族で

祝う誕生

| | コメント (0)

2006年6月29日 (木)

俳句は終わり!!

060629_the_lovecrazed_cats

1814

一茶

うかれ猫奇妙に焦れて参りけり

ukare neko kimyô ni jirete mairi keri

David先生の英訳

the love-crazed cat
strangely on edge

wander off

sakuo 連句( 猫は若妻。The cat is his young wife.)

俳句を止めて早く床入り

haiku wo yamete hayaku tokoiri

stop to make haiku

let’s get in bed

David’s Comment

1814, Age 52

| | コメント (0)

2006年6月26日 (月)

心重し

060625_mount_kamiji_s

1822

一茶

おのづから頭が下る也神路山

onozukara zu ga sagaru nari kamiji yama

David 先生の英訳

by itself

my head bows...

Mount Kamiji

sakuo 連句

There were many famous poems on Mount Kamiji that is at the back of Ise Shrine that offes Imperial God

名歌数々心に重し

meika kazukazu kokoro ni omoshi

many famous poems

heavily on my mind

David先生のコメント

http://haikuguy.com/issa/queryallcodetest4.php?keywords=by+itself&year=1822

| | コメント (0)

2006年6月24日 (土)

命儚し

060624_humidity_s

1803年

一茶

露けしや草一本も秋の体

tsuyukeshi ya kusa ippon mo aki no tei

David先生の英訳

humidity--
even one blade of grass

is autumn

sakuo の連句

忍び寄る秋 はかない命

shinobiyoru aki hakanai inoti

creeping autumn

empty life

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

一人住まいへ

060623_my_shadow_too

年代不明

一茶

影法師もまめ息災で御慶かな

kageboshi mo mame sokusai de gyokei kana

David 先生の英訳

my shadow too
fit and trim...
"Happy New Year!"

sakuo の連句

さて帰らんか一人住まいへ

sate kaeran ka hitori sumai he

shall we go back

to a lonesome hut

| | コメント (0)

2006年6月21日 (水)

Oh Sole Mio !

060621_taking_a_leak_s

1816

一茶

小便を致しながらもなく蛙

shôben wo itashi nagara mo naku kawazu

David 先生の英訳

taking a leak

he keeps on croaking...

frog

sakuo の連句

オーソレミヨや声の限りに

osore miyo ya koe no kagiri ni

Oh Sole Mio--

at the top of his voice

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

犬の安産

060620_the_stray_dog_s

1817

一茶

どら犬の尻で明るや雪囲

dora inu no shiri de akeru ya yukigakoi

David先生の英訳

the stray dog
opens it with his butt...
snow shed

sakuo の連句

昨年の4月長男が生まれたがすぐに亡くなる。

一茶は丈夫な子供が欲しかった。

.

犬の安産丈夫な赤子

inuno anzan jyoubuna akago

the easy delivery of a dog

a strong baby

| | コメント (0)

2006年6月19日 (月)

打ち方用意

060619_three_feet_sc

1812

一茶

鉄砲の三尺先の小てふかな

teppô no san shaku saki no ko chô kana

David先生の英訳

three feet
from the musket's barrel...
little butterfly

sakuoの連句

昔も今も打ち方用意

mukashi mo ima mo utikata youi

once and now too

ready to fire

| | コメント (0)

2006年6月17日 (土)

坊主無用

060617_frostkilled_grass_l_

1810

一茶

霜がれや勧化法度の藪の宿

shimogare ya kange hatto no yabu no yado

David’s English

frost-killed grass--
"No Begging Allowed"
at the thicket's inn

sakuoコメントと連句

勧化は仏教用語、仏の教えを教える事。または寺に寄進する事。

法度は禁止の意

坊主無用のつれない宿屋

bouzu muyou no turenai yadoya

no thank you priest

heartless inn

| | コメント (0)

2006年6月14日 (水)

半分分けが心配

060614_trusting_its_fate_l

1808 46歳

一茶

秋風に御任せ申す浮藻哉

aki kaze ni o-makase mô[su] ukimo kana

David先生の英訳

trusting its fate
to the autumn wind...
duckweed

sakuoのコメントと俳句

この年江戸と信濃を行ったり来たり、慌しい。

秋には遺産問題が決着したが、江戸へ戻らなくては。

半分けの財産残し江戸へ立つ

han wake no zaisan nokosi edo he tatu

departing to

Edo

while worrying about

half of asset

| | コメント (0)

2006年6月12日 (月)

夢の田植え

060612_the_horse_too_l

1819

57歳.

一茶

馬どもも田休す也門の原

uma domo mo ta yasumisu nari kado no hara

David先生の英訳

the horse too
on rice-planting break...
field by the gate

sakuoのコメントと連句

自分の田圃を田植えするのが一茶の長い夢だった。

父の遺産が入り、夢が叶った。

我が夢叶う一家で田植え

waga yume kanau itsuka de taue

my dream has come true

planting rice with all my family

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

出稼ぎのまま帰る

060610_migrating_servants_l

1822 Age 60

一茶

出代や江戸の見物もしなの笠

degawari ya edo no kembutsu mo shinano-gasa

David先生の英訳

migrating servants--
in

Edo

, too
Shinano's umbrella-hats

sakuoのコメント

出代は春の季語、奉公人が老若入れ替わる事。

一茶は14歳で江戸に奉公に来た。俳諧の師匠になりたたかったが、

果たせず、使用者の立場のまま、故郷へ帰った。

連句

歳を取りたり出稼ぎのまま

tosi wo toritari dekasegi no ma ma 

as a migrant worker

having got old

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

灰の手習い

060608_drawing_words_s

1816年

一茶

古盆の灰で手習ふ寒さ哉

furu bon no hai de tenarau samu[sa] kana

David先生の英訳

drawing words

in an old tray's ashes...

winter cold

sakuo の評

灰の手習いに芭蕉の句あり。

小野炭や手習ふ人の灰ぜせり  芭蕉

ono sumi ya tenarau hito no hai seseri

小野炭は本来、書に使う有名な小野墨。

sakuoの英訳

charcoal named Ono

student of calligraphy

play with ash

sakuoの連句

芭蕉も書いた灰の手習い

Basho mo kaita hai no tenarai

Basho also wrote

calligraphy on ashe

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

かます被って!

060605_straw_bag_s

1813

51歳 二月決心して、故郷へ、家を借りて住む。

秋、相続争い決着する。我が家へ入る。来年結婚。

一茶

としの市かますかぶって通りけり

toshi no ichi kamasu kabutte tôri keri

David’s English( he or she is possible)

year's end fair--
a straw bag on his head
he passes

sakuo comment

相続に勝って、一茶は遺産の半分を手にする。

然し近所は悪口を言う。殆どが義弟の味方だ。

かくして年の暮れ。

sakuoの連句

年が明ければ悪口も減る

tosi ga akereba warukuti mo heru

If a year ends,

slander will also decrease

| | コメント (0)

2006年6月 4日 (日)

それ行け遊郭

060604_after_biting_the_horse_s

1810年48歳.

一茶

馬喰し虻が逃行蓮の花

uma kuishi [abu] ga nigeyuku hasu no hana

David先生の英訳

after biting the horse
the horsefly hides out...
lotus blossoms

虻が馬を喰うとは言わない。刺すである。江戸の吉原の近くには

馬肉料理屋が沢山あった。ここでスタミナをつけて遊郭へ向った。

花魁はお客にとって蓮の花の仏であったろう。

sakuoの連句

馬肉屋後に急げ遊郭

baniku-ya ato ni isoge yuukaku

leaving from horse steak house

hurry up to the red-light district

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »