« 灰の手習い | トップページ | 夢の田植え »

2006年6月11日 (日)

出稼ぎのまま帰る

060610_migrating_servants_l

1822 Age 60

一茶

出代や江戸の見物もしなの笠

degawari ya edo no kembutsu mo shinano-gasa

David先生の英訳

migrating servants--
in

Edo

, too
Shinano's umbrella-hats

sakuoのコメント

出代は春の季語、奉公人が老若入れ替わる事。

一茶は14歳で江戸に奉公に来た。俳諧の師匠になりたたかったが、

果たせず、使用者の立場のまま、故郷へ帰った。

連句

歳を取りたり出稼ぎのまま

tosi wo toritari dekasegi no ma ma 

as a migrant worker

having got old

|

« 灰の手習い | トップページ | 夢の田植え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32566/2166739

この記事へのトラックバック一覧です: 出稼ぎのまま帰る:

« 灰の手習い | トップページ | 夢の田植え »