« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ああ難儀

060801_the_sky_colors_s_fr

Davids English

the sky colors

of dawn have changed

to summer clothes

曙の空色衣かへにけり    一茶

akebono no sora iro koromo kae ni keri

by Issa, 1807

Sakuo コメント

1807年7月父の七回忌に帰る。七年前の遺言は遺産は半分分けだつた。

いまだ係争中である。衣替えは初夏の季語、どことなく一茶の苦悩が感じられる。

連句

かわらぬものは我が難儀のみ

kawaranu mono ha waga nangi nomi

the unchangeable is

only my trouble

| | コメント (0)

2006年7月30日 (日)

子供四人と妻

060730_in_the_misty_day_s_2

年代不明 

一茶 

かすむ日に古くもならぬ卒塔婆哉

kasumu hi ni furuku mo naranu sotoba kana

David先生の英訳

in the misty day

not growing older..

grave tablets.

sakuoのコメント 

一茶は悲しい運命だった。54歳から60歳の6年間に、 

子供を4人も亡くし、妻にも 

先だたれた。 

連句

一人残して皆あの世へ 

hitori nook shi te minna anoyo he

leaving only me

all gone to the next world

いいお墓:卒塔婆 

http://www.e-ohaka.com/06omairi/o_sotoba.html

仏教芸術

| | コメント (0)

2006年7月29日 (土)

妻逝きぬ

060729_fixing_the_unevenness_s

1823

一茶

苗代のむら直りけり夜の雨

nawashiro no mura naori keri yoru no ame

David先生の英訳

fixing the unevenness

in the rice-seedling bed...

evening rain

sakuoのコメントと連句

妻きくは2月から床についていた。

五月12日に亡くなる。 丁度田植えの最中。

苗床は一月前に用意される。

きくは放浪の詩人一茶に代わり.米作りに熱心だった。

きく「苗代がむらだね」と、一茶は想い出した。

連句

田植えを待ちし妻は亡し

taue wo matishi tuma ha nashi

longing for planting rice

my wife has died

| | コメント (0)

2006年7月27日 (木)

友と一緒に!

060727_a_rainy_night_s

1820

一茶

雨の夜や鉢のぼたんの品定

ame no yo ya hachi no botan no shinasadame

David先生の英訳

a rainy night--

sizing up the potted

peony

sakuoのコメント

昨年最愛の娘を亡くした。

この句は長沼で発句したと思う。そこには

暖かい弟子が10人もいた。.

連句

友としばしの憂さを忘れん

tomo to sibashi no usa wo harasan

with warm friends briefly

drown my sorrows

| | コメント (0)

2006年7月26日 (水)

江戸の喧嘩

060726edo_voicess_1

1824 年  62才

一茶

江戸声や花見の果のけん嘩かひ

edo-goe ya hanami no hate no kenka kai

David‘s English

Edo voices--

the blossom viewing ends

in a quarrel

http://cat.xula.edu/issa/ 

sakuoのコメントと連句

火事と喧嘩は江戸の華 である。

100万都市の江戸は軍都で武士と職人が充満、三分の二が男性

だった。62歳、信濃にいた一茶も花見時はその活況を思い出した。

止めに行かんかいざ信濃から

tomeni ikan ka iza sinano kara

lets go to settle quarrel

from Shinano

| | コメント (0)

2006年7月25日 (火)

河豚は食いたし

060725_to_wherever_s

1803年

一茶

どこを風が吹かとひとり鰒哉

doko wo kaze ga fuka to hitori fukuto kana

David 先生の英訳

to wherever

the wind may blow it...

a puffer fish

sakuo のコメント

河豚は美味しい。然し毒がある。食べて死んだ人も多い。

日本では良く言われる。

「河豚は食いたし命は惜しい」

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

江戸が恋しい

060723_lying_spreadeagle_s

1813年

51歳相続争いの為故郷の村へ帰る。

一茶

大の字に寝て涼しさよ淋しさよ

dai no ji ni nete suzushisa yo sabishisa yo

David先生の英訳

lying spread-eagle

so cool

so lonely

sakuo の連句

故郷は夏も涼しい。然し35年過ごした江戸の事も忘れがたい。

江戸の賑わい忘れられず

edo no nigiwai wasure rarezu

the booing in Edo

is unforgettable

| | コメント (0)

2006年7月22日 (土)

半分が年貢

060722_winter_withering_s

181452歳

一茶

枯々や俵の山になく烏

karegare ya tawara no yama ni naku karasu

David先生の英訳

winter withering

on a pile of rice bags

the crow caws

sakuoの連句

米の半分年貢で取られ

kome no hanbun nengu de torare

the half of the harvest

robbed as rice-tax

| | コメント (0)

2006年7月20日 (木)

自然に戻る

060720_dewdrops_forming_s

1826 Age 64

一茶

置露や我は草木にいつならん

oku tsuyu ya ware wa kusaki ni itsu naran

David先生の英訳

dewdrops forming--

when might I become

grass...or a tree?

sakuo の連句

自然に戻る時ぞ近づく

shizen ni modoru toki zo tikaduku

returning to Nature

the time comes up

| | コメント (0)

2006年7月17日 (月)

乞食大将

060717_the_kettles_soot_s_1

1804年

一茶

鍋ずみを目口に入てなく蛙

nabe-zumi wo meguchi ni irete naku kawazu

David先生の英訳

the kettle's soot

in his mouth and eyes...

croaking frog

1804 年

42歳、葛西派を去り、夏目に師事す。彼は一茶の師であり

生活を支えた後援者であった。

sakuoのイメージ

この蛙は一茶である。毎日のように夏目を訪れ、食事やお金の世話になった。手伝い仕事、すす払い、障子張り何でもやった。

彼は乞食大将と呼ばれていた。

sakuo’の連句

皆が笑う貧乏大将

minna ga warau binbou-taisyou

All laugh at me

Poor General

| | コメント (0)

2006年7月16日 (日)

千代尼の釣瓶

060715_the_nightingale_s

年代不明

一茶

鶯のはねかへさるるつるべ哉

uguisu no hanekae saruru tsurube kana

David 先生の英訳

the nightingale

is bouncing about...

well bucket

David先生のイメージ

わたしは鶯が手桶に止まっているのを想像しています。

それが激しく揺れ落ちる瞬間を捉えていると思います。

sakuoのイメージ

この鶯は一茶です。彼は1763年~1827年に生残しました。

釣瓶の最も有名な句は千代尼です。

彼女は1703年~1775年に生きました。

sakuoの連句

朝顔つるべ

千代尼に参った

asagao turube chiyoni ni maitsuta

morning glory and well bucket

I surrender to Chiyoni

| | コメント (0)

2006年7月14日 (金)

夢続け

060714_draping_the_mountain_s

1806年

一茶

山里の寝顔にかかるかすみ哉

yama-zato no ne-gao ni kakaru kasumi kana

David先生の英訳

draping the mountain
village's sleeping face...
mist

sakuo の連句

夢の続きを何時までも

yume no tuduki wo itumade mo

wish the dreams

continuing for ever

| | コメント (0)

2006年7月10日 (月)

old pine tree

060710_old_pines

1810年

一茶

古松や我身の秋が目に見ゆる

furu matsu ya waga mi no aki ga me ni miyuru

David先生の英訳

old pine--
my own life's autumn
fills my eyes


sakuoの連句

去られ恨まれ疑われし身

be leaved be hated

and be suspected

it’s me

| | コメント (0)

2006年7月 9日 (日)

蕎麦 善光寺

060709_daybreak_s

1813年

一茶

有明やあみだ如来とすす祝

ariake [ya] mida nyorai to susu iwai

David先生の英訳

daybreak--
Amida Buddha's soot
is swept

sakuo の連句

箒を置いて蕎麦善光寺

houki wo oite soba Zenko-ji

put down brooms

soba noodle

Zenko

Temple

| | コメント (0)

2006年7月 4日 (火)

嫁が来るよ

060703_well_wishing_at_the_gate_s_1

1824

一茶

福来る門や野山の笑顔

fuku kitaru kado ya noyama no warai-gao

David 先生の英訳

well-wishing at the gate--
the faces of hills and fields
laughing

sakuo 連句

前年、最初の妻、菊をなくし、日々暮らしも不自由で、寂しかった。

この年五月、第二の花嫁が来た。

春山越えて嫁が来るかな

over spring mountain

now bride coming

| | コメント (0)

2006年7月 2日 (日)

蛙も倅も

060702_the_big_nettle_tree_s

年代不明

一茶

大榎小楯に取って啼かはづ

ôenoki kotate ni totte naku kawazu 

David 先生の英訳

the big nettle tree
as his shield...
croaking frog

sakuoの連句

陣屋の倅泣き喚きたり

a son of Lord lodge

crying and weeping

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »