« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

されど搗けない

060831_one_for_the_dog_s

1819年58歳

一茶

犬の餅烏が餅もつかれけり
inu no mochi karasu ga mochi mo tsukare keri

David先生の英訳

one for the dog
one for the crow...
rice cakes

sakuoの評と連句

前年長女さと誕生。翌年6月亡くなる。

1年1月の命だった。

されど娘の餅は搗けない

saredo musume no moti ha tukenai

yet couldn’t bound

rice cake for daughter

| | コメント (0)

2006年8月30日 (水)

仏に当たる

060830_bamboo_soot_broom_s

1822年 60歳

一茶

煤竹や仏の顔も一なぐり
susutake [ya] hotoke no kao mo hito naguri

David先生の英訳

bamboo soot broom--
Buddha's face too
gets a smack

sakuoの連句

1816年長男没す。

1819年長女亡くなる。

1821年次男亡くなる。.

宝取られて仏に当たる

takara torare te hotoke ni ataru

being robbed of his treasures

take it out on Buddha

| | コメント (0)

2006年8月29日 (火)

蝿の子と待ってるよ

060829_while_im_away_s

1815

一茶

留主にするぞ恋して遊べ庵の蝿
rusu ni suru zo koi shite asobe io no hae

David’s English & comennt

while I'm away
enjoy the lovemaking
hut's flies

1815年の作である。前年結婚したにも拘らず、ずっと旅に出たきり。

妻と上手く行かないではなく、信濃や江戸の俳友の所を廻らざるを

得なかった。

sakuo の連句

我が蝿の子と貴方を待たん

waga hae no ko to anata wo matan

with my fly’s child

I’m waiting for you

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

広い天地

060826_bird_in_the_clouds_s

Davids English

birds in the clouds

people in the sea...

a holiday

一茶

雲に鳥人間海にあそぶ日ぞ

kumo ni tori ningen umi ni asobu hi zo

Issa, 1793

sakuo Renku

1793年31歳、西国の旅、九州に居た。大潮の日汐干狩の海に

出る。空に鳥、広い海。

魂抜けて天地に漂う

tamashii nike te tenchi ni tadayou

my soul leaving from me

floating among heaven and earth

| | コメント (0)

2006年8月23日 (水)

御空におわす阿弥陀仏

060823_and_how_old_are_you_s

David’s English

and how old are you

Mr. Turtle?

Mount Fuji

kame dono no ikutsu no toshi zo fuji no yama

一茶

亀どののいくつのとしぞ不二の山

by Issa, 1812

The highest and most sacred of

Japan

's peaks,

Mount Fuji

, was the home of the great kami-sama or gods. Buddhists believed it was a mystical gateway between earth and heaven.

visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo Renku

御空におわす阿弥陀佛かな

misora ni owasu amida-butu kana

Located on the sky

Amida Buddha

| | コメント (0)

2006年8月21日 (月)

片手は犬を

060821_eating_herb_cake_l_r

一茶

草餅や片手は犬を撫ながら

kusamochi ya katate wa inu wo nade nagara

by Issa, 1824

Davidの英訳

eating herb cake

while one hand

pets the dog

sakuo 連句

1824年一茶62歳、5月に結婚し3月後に離婚。

前言、草餅は食欲のシンボル。犬は?。犬は身近に住む者。

女性、性欲のシンボル。

食気も色気も春なればこそ

kuike mo iroke mo haru nareba koso

eating and loving bloom

now is the Spring

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

神鹿祝う仏陀

Kasuga_fields_deer_s_2                

David’s English

Kasuga Field's deer

also attend, I see...

blossom-filled temple

一茶

春日のの鹿も立ちそう花御堂

kasuga no no shika mo tachi so^ hana mido^

by Issa, 1810

sakuo 連句

前言、鹿は春日大社(神道)のお使いである。

花御堂は仏陀のお社である。

宗教的に見れば、異教徒同志である。

西洋の常識から見れば、アラブの駱駝がユダヤの教会を

訪れている様なものだ。

神鹿祝う仏の誕生

shin-roku iwau hotoke no tanjyou

Shinto’s deer celebrates

the birth of Buddha.

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年8月18日 (金)

俳句の船出

060818_a_new_year_begins_s_f

David’s English

a new year begins--

before sunrise

a pine-decorated boat

toshi tatsu ya hi no de wo mae no fune no matsu

年立や日の出を前の舟の松

by Issa, 1805

43歳 江戸で盛んに活動。成美、一瓢、耕舜などと句作に励む。

sakuo Renku

俳句の海へいざ船出かな

haiku no umi he iza funade kana

let’s embark for

the sea of a haiku poem.

| | コメント (0)

2006年8月17日 (木)

恋の物語

060818_loincloth_s_2

David English

on loincloth

and little red flowers...

evening dew

一茶

ふんどしと小赤い花と夜露哉

fundoshi to ko akai hana to yo tsuyu kana

1812 Age 50.

sakuo 連句

祭の夜の恋物語

matsuri no yoru no koi monogatari

love romance

at the night of festival

| | コメント (0)

2006年8月16日 (水)

今年も旅に暮れる

060816_a_travelers_sky_s

David’s English

a traveler's sky--

Twelfth Month

29th day

tabi no sora shiwasu mo ni ju^ ku nichi kana

旅の空師走も二十九日哉

一茶 1803年

41歳 江戸に住む。

新しい俳友を求めて盛んに房総地方を訪ねる。

sakuo 連句

杖を頼りに今年も暮れる

tue wo tayori ni kotoshi mo kureru

depending on a stick

the year is ending

| | コメント (0)

2006年8月12日 (土)

不運も一緒に

060812_my_home_village_sc

Davids English

my home village--

four or five years of soot

needs sweeping

一茶

古郷や四五年ぶりの煤払

1824

sakuo連句

この4, 5年で一茶は四人の子と妻を失った。

溜まった不運煤と払い出せ

the collected ill lucks

paid out together with soot.

| | コメント (0)

2006年8月11日 (金)

老いし蛙

060811_old_frog_s

Davids English

old frog

dewdrops are tumbling

look! there!

一茶

老蛙それそれ露がころげるぞ

1812年 50歳 遺産争いで11月江戸を立ち故郷へ入る。

翌年の秋やっと決着する。1801年39歳父を亡くしてから11年目である。

sakuo 連句

転げ落ちるや冬の世界へ

rolling and falling

to the winter world.

| | コメント (0)

2006年8月 7日 (月)

江戸では待っている

060807_my_snow_too_s

David先生の英訳

my snow too

entrusted to join

Chikuma

River

一茶

我雪も連に頼むぞ千曲川

1815年53歳

前年結婚す。まだまだ江戸に仕事がある。秋に江戸へ出かける。

sakuo 連句

我を待つらん江戸の人々

ware wo matu ran edo no hito bito

waiting for me

acquaintance in

Edo

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年8月 6日 (日)

夕立来い

060807even_the_cloudbrust_s

David先生の英訳

even the cloudburst

shows the facing mountain

favoritism

一茶

夕立もむかひの山の贔負哉

1815年

前年結婚する。村に居るが、江戸にも仕事がある。

秋江戸へ出かける。

sakuoの連句

こちらにも来い今日の暑さ哉

come around me

today’s the heat

| | コメント (0)

2006年8月 5日 (土)

不安な峠

060805_glimpsing_suspicious_me_s

David 先生の英訳

glimpsing suspicious me

the deer sounds

the alarm

一茶

我形をうさんと見てや鹿の鳴

1820年58歳、前年長女亡くなる。

10月次男誕生するが、3月で亡くなる。

sakuoの連句

不安を誘うこの峠越え

it makes me uneasy

crossing the peak

| | コメント (0)

2006年8月 3日 (木)

天使の誕生

060802_the_whole_village_s

Davids English

the whole village

pays them court...

silkworms

mura naka ni kigen toraruru kaiko kana

一茶

村中にきげんとらるる蚕哉

by Issa, 1818

一茶56歳4月4日長女さと誕生。最初の長男は生後直ぐ

死んだ。村中が蚕に気遣う様に、人々は皆喜んでくれた。

さとは一茶にも周囲の人にも天使だった。

sakuo の連句

minna iwau ya tenshi no tanjyou

皆祝うや天使の誕生

all villagers celebrate

the birth of Angele

| | コメント (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »