« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

信濃も江戸も

060930_the_bon_festival_s

1804

一茶

うかうかと盆も過たる灯ろ哉

Davids English

the Bon Festival

flickers out too...

Lanterns for the dead

1804 42歳江戸に住む。3年前父死す。.

sakuo 連句

故郷恋し江戸にも未練

longing for native village

still attached to

Edo

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年9月28日 (木)

家へ土産

060928_mountain_temple_s

1818

一茶

山寺や茶の子のあんも菊の花
yamadera ya cha no ko no an mo kiku no hana

David’s English

mountain temple--
teacakes, red bean jam
chrysanthemums

sakuo Renku

餡の茶菓子や家族の土産

an no tyagasi ya kazoku no miyage

jam teacakes—

a souvenir. for family

| | コメント (0)

寺の森行く

060928_three_dewdrops_s

David’s English

three dewdrops--

Ueno's cicadas

break out into song

Issa, 1812

一茶

露三粒上野の蝉の鳴出しぬ

tsuyu mi tsubu ueno no semi no nakidashinu

sakuo 連句

成仏願い寺の森行く

jyou-butu negai tera no mori yuku

pray becoming Buddha

go through the forest of temples

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

星人虫の恋

060925_katydid_s

Davids English

katydid--

caught by someone

waiting for the stars

一茶

きりぎりす星待人に取られけり

kirigirisu hoshi matsu hito ni torare keri

by Issa, 1809

sakuo Renku 連句

星人虫の恋の夜

hoshi hito mushi no koi no yoru

of stars, men and insects

the night of love

| | コメント (0)

2006年9月24日 (日)

会釈

060924_the_nightingale_s

Davids English

the nightingale

doesn't bow...

plum trees in bloom

一茶

鶯や会釈もなしに梅の花

1814

sakuo連句

横へ座ってお茶を一杯

sit down beside

have a cup of tea

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

仲人口に

060922_good_lucks_coming_s

Davids English

"Good luck's coming!"

the peony longs

to be heard

一茶

福来ると聞てほしがるぼたん哉

1824年

牡丹は初夏、五月の季語。1824年五月一茶はゆきと二回目の結婚をした。

独り身の不自由さと寂しさを嘆いて居た。

sakuoの連句

仲人口につい乗せられて

the good speech of the go-between

unintentionally followed

| | コメント (0)

2006年9月21日 (木)

朝から賑やか

060921_wake_up_wake_up_my_child_s_1

Davids English

wake up! wake up! my children--

swallows, pigeons

sparrows

oki yo oki yo ako ga tsubame hato suzume

一茶

起よ起よあこが乙鳥鳩すずめ

by Issa, 1814

sakuo 連句

朝だ朝だと起こして廻る

asa da asa da to okoshi te mawaru

morning has come

go around for waking up

| | コメント (0)

2006年9月20日 (水)

犬花を供なう

060921_cherry_blossms_scatter_s_f

Davids English

cherry blossoms scatter--

growling Buddha's name

a temple dog

一茶

花ちるや称名うなる寺の犬

by Issa, 1810

sakuo 連句

南無阿弥陀仏と花を供らう

namu-ami dabutsu

dog prays for the flowers

| | コメント (0)

2006年9月19日 (火)

心水の如し

060920_water_flowing_over_s

Davids English

water flowing over

the word "heart"...

plum blossoms

一茶

心の字に水も流れて梅の花

1827年

65歳、この年11月に没す。

前年三度目の結婚をした。

sakuo Renku

心も水もわだかまり無し

my heart as like water

flowing freely.

| | コメント (0)

2006年9月18日 (月)

城を背に威張る猿

060918_in_my_province_s

Davids English

in my province

even trained monkeys

wear noble hats

一茶

我国は猿も烏帽子をかぶりけり

by Issa, 1816

さくおの寸評

徳川家康が江戸へ入城の折、馬が足を痛め、猿回しが祈祷して直り無事、入城出来た。以来猿廻しは江戸城へ出入りし、金銭を貰い、特別な扱いを受けていました。この猿回しはエタに属し、封建社会の最下層でした。

さくお連句

江戸城を背に猿威張るかな

| | コメント (0)

2006年9月16日 (土)

人生収穫の秋

060916_all_the_mountains_s_r

1805年43歳4年前、父没す。

一茶

山々も年よるさまや種瓢

David’s English

all the mountains

are looking old...

gourds

さくおの連句

人生も秋収穫の刻

life approaching to Autumn

now the time of harvest

http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年9月15日 (金)

君が代

060915_great_japan_s

1818年

一茶

君が世や主なし塚もかざり松

David’s English

Great Japan!

even an ownerless grave

decorated with pine

さくおの寸評

当時外国船の寄港もあり国家意識が芽生えてきた。

天皇の事や遠い祖先にも思いを寄せたかも知れない。

連句

我等始まる一元の始祖

we have started

from one founder

| | コメント (0)

2006年9月14日 (木)

自由なき身

060914_does_the_caged_l

Davids English

does the caged

nightingale hear?

mountain cuckoo

一茶

鶯は籠で聞かよ閑古鳥

1822年 60歳。

sakuo の連句

自由なき身は上手く歌えぬ

without freedom

does not sing well

| | コメント (0)

2006年9月13日 (水)

霞む旅笠

060912_their_traveling_hats_s

David’s English

their traveling hats

looking small...

mist

一茶

旅笠を小さく見せる霞かな

tabi-gasa wo chiisaku miseru kasumi kana

1796年 34歳四国九州の旅に、

| | コメント (0)

2006年9月10日 (日)

貧乏俳諧師

060910_in_plum_blossoms_s

Davids English

in plum blossoms

kettle soot won't come off...

my wrinkled hands

一茶

梅さくに鍋ずみとれぬ皴手哉

sakuo 寸評

1804      42歳 葛飾派離れ成美の句会に参加する。

独り者、貧乏の匂いが漂う。

http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年9月 9日 (土)

二軒の家

060909_flying_from_houses_s

1805

一茶

家二ッ三ッ四ッ凧の夕哉
ie futatsu mitsu yotsu tako no yûbe kana

David先生の英訳

flying from houses--
a two, three
four-kite evening

sakuoの寸評

David先生は凧が2、3、4と訳したが、

この句を5、7、5で読めば「家二つで」一行目は

切れ、二軒の家となる。

sakuoの英訳

two houses

three, four kites

evening

sakuo の連句

二軒の家に元気な子達

niken no ieni genkina kotati

two houses and

cheerful children.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

乞食の正月

060907_even_beggars_toast_s

1795

一茶

乞食も護摩酢酌むらん今日の春
kojjiki mo gomazu kumuran kyô [no] haru

David’s English

even beggars toast
with sesame sake...
first of spring

sakuoの連句. 護摩酢は僧侶の隠語で酒の事

お墓で正月、乞食のパーティ

New Year in the grave yard

beggar’s party.

| | コメント (0)

2006年9月 6日 (水)

雨戸は開ける

060906_morning_mist_s

1795年33歳松山を訪ねる。

一茶

朝がすみ天守の雨戸聞へけり
asa-gasumi tenshu no amado kikoe keri

David先生の英訳

morning mist--
the castle's shutters
shutting

sakuoのコメント

雨戸は朝はshut、閉めるでなく開けるもの。

sakuoの英訳

morning mist—

hearing the castle's shutters

opening

| | コメント (0)

2006年9月 3日 (日)

ストライキー

060902_the_cornorarts_stare_s

1795

Age 33
He visits Matsuyama City.

一茶

つくづくと鵜ににらまるる鵜飼哉
tsuku-zuku to u ni nirama[ru]ru ukai kana

David’s English

the cormorants stare
at them hard...
cormorant fishermen

sakuo 連句

安い賃金ストをも辞せず

yasui tingin suto wo mo jisezu

cheap wage

come on strike 

About  Photographs of

Japan

- Ukai Cormorant Fishing

http://www.phototravels.net/japan/ukai-cormorant-fishing.html

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »