« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

巣立つ

061031_what_day_then_s1

Davids English

what day then?

all the hut's sparrows

leave the nest

一茶

幾日やら庵の雀も皆巣立つ

ikka yara io no suzume mo mina su ta[tsu]

by Issa, 1810

sakuo 連句

残りたる者年を数える

nokori taru mono toshi wo kazoeru

remaining person

counts his age

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年10月29日 (日)

形見放さず

061029_the_child_hugs_s_1

Davids English and Comment

the child hugs

her cloth monkey...

hailstorm

Or: "his cloth monkey." Specifically, the doll is made of crepe (chirimen).

一茶

ちりめんの猿を抱く子よ丸雪ちる

chirimen no saru wo daku ko yo arare chiru

1813, Age 51
Second Month, he is living in Kashiwabara in a rented house. In autumn, his inheritance dispute finally settled, he moves into his family home.

sakuo の評と連句

一茶は子供の頃を思い出した。母なし子だったので苛められた。

この時彼は故郷に泊っていた。

遺産相続で彼に味方する者は皆無だった。.

苛められても形見放さず

izime rare te mo katami hanasa zu

even being teased

not let mamas memento off 

http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2006年10月27日 (金)

舟でお参り

061027_i_see_mokubo_temple_s_2

Davids English

"I see

Mokubo

Temple

!"

"I see!"

ladies with parasols

一茶

木母寺が見ゆる見ゆると日傘哉

mokuboji ga miyuru miyuru to higasa kana

1803, 42歳江戸に住む。父は三年前に亡くなる。

木母寺は江戸時代有名、春盛大なお祭りあり。隅田川

の辺に在った。

.

sakuo 連句

川辺のお寺舟でお参り

kawa-be no otera fune de omairi

The temple near the River

visiting by ship

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

五十過ぎても

061026_do_not_think_me_s

Davids English

do not think me

a poor-spirited soul...

mankind's spring

一茶

ふがいない身となおぼしそ人は春

1813, 51歳、二月柏原に借家を借れて移り住む。

秋にやっと相続争いが決着し、自分の家に移る。

sakuo 連句

五十過ぎても我が家持てず

even over fifty

couldnt have my house

| | コメント (0)

2006年10月24日 (火)

墨染めの衣

061024_he_rolls_thin_snow_s

David's English

he rolls thin snow

into a Buddha...

the child

一茶

1813年51歳

うす雪の仏を作る子ども哉

sakuo 連句

墨染めの衣まといし仏かな

wearing black robe

it's Buddha

http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

正月の葬式

061023_the_years_first_skys_s

David’s English

the year's first sky's

first blemish...

smoke

一茶

はつ空にはやきず付けるけぶり哉

1817年55歳、昨年初子が生まれたが一月で亡くなった。

sakuo 連句

誰の葬儀や涙の正月

Whose funeral

with tears Happy New Year

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

一茶と共に

061015_with_issa_s

sakuo

一茶とも学ぶ仏の秋日和

with Issa

study Buddha

autumn day

20061016日より1023

sakuoの故郷の

静岡市

蒲原町

仏教の修行に出かける。

お寺は光連寺、一茶と同じ浄土宗である。

David 先生の本、Pure Land Haikuにより一茶の高い信仰心を教えられた。

今回の修行でDavid先生と一茶と共に仏の心を学びたい。

ブログは1016日から23日休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

大江戸の

061013_great_edo_s

David's English

great

Edo

from nook to nook

"Cuckoo!"

一茶

大江戸の隅からすみ迄時鳥

1825年 63歳二度目の妻とも離婚。家族はすべて

亡くなった。哀れなる老人。

然し、一茶には俳句がある。世間の皆さんに俳句を

歌い続けるぞと叫びたい。

sakuo 連句

歌うや俳句身内無しでも

wish to sing haiku

even having no family

visit http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

親と子の三人連

061011_parents_and_child_s

Davids English

parents and child

three in a row...

the geese depart

一茶

親と子の三人連や帰る雁

oya to ko no sannin-zure ya kaeru kari

1820年58歳 昨年最愛の長女を失う。

sakuo 連句

我も子ずれで歩きたや

ware mo ko zure de aruki ta ya

me too with child

wish to walk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

祭りの踊りへ

061008_the_yellow_gang_s_1

David’s English

the yellow gang

the white gang...

butterflies come out

一茶

黄色組しろぐみてふの出立哉

ki[iro]-gumi shiro-gumi cho^ no detachi kana

1820Age 58.

Last year his first daughter Sato died. Tenth Month his second son is born.

sakuo 連句

神社で始まる祭りの踊りへ

jinjya de hajimaru mature no odori he

let’s go dance of the festival

held at the shrine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

子無し鹿

061007_giving_up_s

Davids English

giving up

the childless deer

sings no more

一茶

あきらめて子のない鹿は鳴ぬなり

1821年59歳すでに三人の子供が亡くなっている。

sakuo連句

亡き子を想う恋も忘れて

remember the children passed away

forgetting love

| | コメント (0)

晦日の夜なべ

061006_at_my_gate_s

Davids English

at my gate

New Year's starts

at noon

一茶

我門は昼過からが元日ぞ

1817年 55歳 、三年前結婚、直ぐ子があったが亡くなる。

sakuo 連句

大晦日にも夜なべに励む

even on New Year's Eve

work hard at night

| | コメント (0)

2006年10月 5日 (木)

井戸換え

061005_my_huts_well_s

David's English

my hut's well--

I do its summer cleaning

by hand

一茶 

庵の井は手でかえほして仕廻けり

1816年54歳、信州柏原に住む。

sakuo連句

暑い盛りの涼しい仕事

Cool work

of the hot peak

| | コメント (0)

2006年10月 4日 (水)

子供と雪仏

061004_first_snow_s_2

David’s English

first snow--

making a Buddha of you

is hard too

一茶

はつ雪や仏にするもむづかしき

hatsu yuki ya hotoke ni suru mo muzukashiki

1813年 51歳 故郷に移住し、秋、相続の問題解決す。

sakuo Renku 連句

降れ降れ雪や子と雪だるま

fure fure yuki ya ko to yuki-daruma

come down down snow

child and snowman

| | コメント (0)

2006年10月 2日 (月)

梅のシルエット

061002_plum_moon_s

1803

一茶

梅の月花の表は下水也

David’s Engalish

plum moon--
facing the blossoms
sewer water

180341歳 本所大島の勝智院に住む。

江戸川が隅田川へ抜ける、

小名木川の辺である。

sakuo 連句 

脚下の月や梅の薄影

foot light of the moon

pal silhouette of plum blossoms

| | コメント (0)

2006年10月 1日 (日)

ばれずに実れ

061001_praise_buddha_s

David’s English

Praise Buddha!

my little side-field

has bloomed with rape

一茶

なむあみだおれがほまちの菜も咲た

sakuo 連句

ばれずに実って菜種はお金

Fruiting without being disclosed,

the rapeseed will be money.

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »