« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月25日 (水)

水車

David's English

mountain village--

pure water

husks the rice

yama-zato wa kome wo tsukasuru

shimizu

kana

一茶

.山里は米をつかする清水かな

by Issa, 1823

A mountain stream powers a rice-pounding mill.

sakuo renku

古今東西水車変らず

kokon touzai suisya kawarazu

All ages and countries

water mill doesn’t change

Dscf0029_1

at a park in

Tokyo

.

Rlauer_slaughter_2

sketched at R-Lauer Slaughter in

England

.

| | コメント (1)

2007年4月23日 (月)

井戸換え

070423_the_wells_bottomtoo_s

by Issa, 1822

sakuo renku

ご苦労さんと ぼた餅が出る

gokurou san to botamoti ga deru

thanks so much

here is sweet rice cake

| | コメント (0)

2007年4月22日 (日)

菜の花 黙って

070422_rape_flowers_s

他に1816の菜の花の句

.小菜の花いかなる鬼もつみ残す

なの花の中を浅間のけぶり哉

sakuo 連句

浅間越え行く 春の夕暮

going over Mt, Asama

spring dusk

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

浅間山

070419_leaving_mount_asama_s_2

by Issa, 1816

Davids comment

Mount Asama is a volcano in Issa's home

province

of

Shinano

, active during the poet's lifetime. The eruption of 1783, when Issa was twenty-one years old and living in Edo (today's

Tokyo

), killed 1,151 people.

sakuo renku

優しけれども悲劇忘れず

yasasi keredo mo higeki wasurezu

even its tender but

couldnt forget tragedy

| | コメント (0)

2007年4月18日 (水)

月見客

070418_a_sight_to_see_s

David English

a sight to see!

from a hole in the wall

autumn moon

名所や壁の穴より秋の月      一茶

nadokoro ya kabe no ana yori aki no tsuki

by Issa, 1825

sakuo renku

月見の客や夢に現る

tukimi no kyaku ya ume ni arawaru

moon watchers

appearing in my dream

| | コメント (0)

2007年4月16日 (月)

アマルフィの春

070416_santoka_in_amarfis_2

sakuo 連句

我見たき春アマルフィの春

ware mitaki haru amarufi no haru

I wish to see spring

the spring of Amarfi

| | コメント (0)

2007年4月15日 (日)

道心坊 一茶

070415_priest_doshins_s

David's English

Priest Doshin's

straw sandals pitter-patter...

hard winter rain

一茶

.道心坊や草履ひたひたむら時雨

do^shin bo^ ya zo^ri hita-hita mura shigure

by Issa, 1823

背景

1823年、61

5月妻死す。三男は生後14ヶ月。 他所に預けられるが12月に亡くなる。

時雨は初冬の季語。

推論

道心坊は誰か。 一茶なり。すでに3人の子を亡くし、妻も先立った。

仏教に帰依する。

妻の死後、残された赤子を他所に預け、俳句の旅回り。

時雨の中を一茶は預けた子に会いにひた走る。

sakuo連句

旅の不在を許せ吾が子よ

tabi no fuzai wo yuruse wagako yo

forgive me my son

my absent of travel

| | コメント (0)

2007年4月13日 (金)

訂正 ゆきは牡丹に非ず

070412_my_oh_my_s_2

お雪さんと結婚したのは1824年一茶62歳である。

5月に結婚し、8月に直ぐ離婚している。

牡丹は夏の季語、夏には離婚を覚悟していた。だとすると

お雪さんを福相の牡丹に例えない。

したがって前文は取り消しする。

sakuo renku

家と違いて花は綺麗だ

uti to tigaite hana ha kireida

different from my home

the flower is beautiful

| | コメント (0)

2007年4月12日 (木)

歌え踊れ

070412_my_oh_my_s_1

Davids English

my oh my

what a radiant face...

peony

temo satemo temo fukuso^ no botan kana

一茶

.てもさてもても福相のぼたん哉

1823 age 62,

Fifth Month marries with Kuki and Eighth month divoce.

After the first wife die, he had been longing to marry.

Peony is summers Kigo.

I presume the peony in this ku would be Kuki.

sakuo renku

歌え踊れや独り身さらば

utae odore ya hitorimi saraba

lets sing and dance!

good-by single life

 

| | コメント (0)

2007年4月10日 (火)

定番の季題

070410_beach_plovers_s

David’s English

beach plovers

raise a ruckus...

the dog runs away

ura chidori naki taterarete inu nigeru

一茶

.浦千鳥鳴立られて犬逃る

by Issa, 1825

sakuo renku

古来より千鳥の歌多しhttp://www005.upp.so-net.ne.jp/kaikuu/uttidori.html

一茶千鳥に追われる犬の気持ち

定番の季題に参る一茶かな

Issa overwhelmed

by old staple theme

| | コメント (0)

2007年4月 7日 (土)

梅より桜

070407_on_the_homecoming_servants_s

Davids English

on the homecoming servant's

face too...

peach blossoms

一茶

.やぶ入の顔にもつけよ桃の花

yabuiri no kao ni mo tsuke yo momo no hana

by Issa 1808, Age 44 years old,

David sensei said that In an earlier version of this haiku, dated 1808, Issa ends with ume no hana ("plum blossoms").

I wish, if possible, to ask Issa "why did you change plum to peach?Issa often visit Nagareyama where he had a great sponsor who reserved a room for Issa with room maid named Oume ,

Plum

blossom.

Book writer, Akira Itoho often said that Oume was Issa's lover. Issa would like prefer peach to plum on servant's face.

sakuo renku

梅より桃が小僧に似合う

for the cheek of boys

better peach than plum

| | コメント (0)

2007年4月 4日 (水)

俳句の旅路

070404_moon_in_the_autumn_dawn_s

Davids English

moon in the autumn dawn--

nearing month's end

lantern in the eaves

ariake ya misoka ni chikaki noki andon

一茶

.有明や晦日に近き軒行灯

by Issa, 1827

Age 65、6月大火で家を焼かれ、土蔵へ移る。11月19日中風で亡くなる。

sakuo renku

俳句の旅路終わり近づく

haiku no tabiji owari tikaduku

my haiku journey

nearing at the end

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »