« 訂正 ゆきは牡丹に非ず | トップページ | アマルフィの春 »

2007年4月15日 (日)

道心坊 一茶

070415_priest_doshins_s

David's English

Priest Doshin's

straw sandals pitter-patter...

hard winter rain

一茶

.道心坊や草履ひたひたむら時雨

do^shin bo^ ya zo^ri hita-hita mura shigure

by Issa, 1823

背景

1823年、61

5月妻死す。三男は生後14ヶ月。 他所に預けられるが12月に亡くなる。

時雨は初冬の季語。

推論

道心坊は誰か。 一茶なり。すでに3人の子を亡くし、妻も先立った。

仏教に帰依する。

妻の死後、残された赤子を他所に預け、俳句の旅回り。

時雨の中を一茶は預けた子に会いにひた走る。

sakuo連句

旅の不在を許せ吾が子よ

tabi no fuzai wo yuruse wagako yo

forgive me my son

my absent of travel

|

« 訂正 ゆきは牡丹に非ず | トップページ | アマルフィの春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訂正 ゆきは牡丹に非ず | トップページ | アマルフィの春 »