« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

ご法度たばこ

070727_great_temple_op_s

小林一茶 1824年。

David先生 英訳&寸評

   一茶は煙草が好きだった。煙草禁止は辛い。

sakuoの俳句

  我々喫煙家は、世界中禁煙で苦しんでいる。

070727_great_temple_f_s

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

松陰や

070725_pine_tree_shade_ops

小林 一茶 1819年 6月長女亡くなる。

David先生 英訳  http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 連句と連画

070725_pine_tree_shade_f_s2

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

かたびらより

070723_to_one_side_op_s

小林 一茶 年代不明

sakuo 連句&連画

070723_to_one_side_fi_s

Dr.DavidのIssa英語サイトより

http://cat.xula.edu/issa/

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

露も呑さぬ菊

070717lazy_lazy_ops

小林 一茶 1820年 58歳。

菊は彼の妻の名前。

何故菊は彼に露も飲まさなかったか?

答は彼等の子供達の生死にある。

1819年6月長女さと亡くなる。

1820年10月次男生まれる。

この子をみもごったのはこの年の1月であろう。菊は一茶に子作りをせがんだかも知れない。

070717_lazylazy_fs

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

人の頭の蠅を追ふ

070716_how_industrious_op_s

一茶, 1824年

David 先生訳

sakuo 連句

070716_how_industrious_f_s

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

盆の窪

070715_the_nape_of_neck_1_s

一茶 1820年

David 英訳

sakuo 連句

070715_the_nape_of_neck_2s

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

地獄の衆つて

David先生の訳

today even the

hordes of hell celebrate

the new year

.けふこそは地獄の衆もお正月

一茶, 1820年

地獄の衆とはこの世でこき使われている者達。

社会の最下層にいる。

sakuoの訳

today is the new year

for all living things

even for workers in hell

sakuoの連句と画

070714today_even_s

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

鳥なき里の蝙蝠

070712_in_a_village_s

一茶、1820年57歳、故郷に住む。昨年長女を亡くす。

日本の諺に、「鳥なき里の蝙蝠」がある。

優れた人の居ないところでは、つまらない者が大きな顔を

をする事を言う。

田舎の人の前で、都帰りの人が都の話など自慢する。

sakuo 連句

都の話に口開けたきり

big talk on Capital

mouths remain open

visit http://cat.xula.edu/issa/

David先生 英訳。

| | コメント (0)

鳶 ひょろ ひひょろ

070711black_kites_reeling_s

一茶、1815年、53歳。 前年若い花嫁と結婚す。

神立ちは神無し月、10月の事。

David 先生の説明

http://haikuguy.com/issa/search.php?keywords=black+kites+reeling&year=1815

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

梅に月

Plum_blossom_moon_opening_s 

1798年、7年にわたる西国旅行の最後の年。

花札(日本のカード)Wiki

http://en.wikipedia.org/wiki/Hanafuda

Plum_blossom_moon_final_s

花札(japanese cards

Wiki

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

二拍手

070704from_tri_tree_opening_s_1

1803年小林一茶、41歳 江戸に住む。房総の知り合いを訪ね回る。

夏の事、森に囲まれた神社に立ち寄った。

何時ものように、二礼二拍手一礼し、お祈りした。

静かな森で郭公が二拍手に応えるように、二声鳴いた。

樅の木は御神木、有名なのは一茶の信州の諏訪神社の

御柱である。

sakuoの連句と連画

070704_from_tri_tree_sf_2

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »