« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月25日 (火)

たれ柳

David’先生の訳

drooping willow--
the gate's crookedness
not quite hidden

一茶 1816.

垂柳門の曲りはかくれぬぞ

080324_dropping_willow_1_s

sakuo 連句と連画

二年前28歳の花嫁と結婚す。

若妻手を引き 背を伸ばす

young wife lead with hand

old stretch his back

080324_dropping_willow2_s

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

初雪や

一茶 1810

むつかしや初雪見ゆるしなの山

David先生の訳

watching first snowfall
in a rotten mood...
Shinano Mountain

080323_watching_the_first_snowfall1

sakuo 連句と俳画

一茶、48歳。父の遺産の相続争いを始める。

彼の義弟の家族は強く反対する。

山の向こうに 怖い顔待つ

beyond the mountain

terrible faces waiting

080323_watching_the_first_snowfall2

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

追うな!追うな!

David 先生の訳

don't chase, don't chase
children!
that flea has kids

小林一茶 1814年

追な追な追な子どもよ子持蚤

.
http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 俳画

080317_cant_chase_s

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

人の世は

David先生の英訳
"In the world of man
there are no blossoms!"
mountain cuckoo

一茶 1814年
人の世に花はなしとや閑古鳥

52歳 4月菊、28歳と結婚する

Sakuo 連句
菊に出会えて今が一番

meet with Kiku
happiest at present

080312_in_the_world_of_man_s

| | コメント (0)

2008年3月10日 (月)

屁のような

David 先生の訳

they even sell tea
not worth a fart!
summer trees

小林一茶 1816

屁のやうな茶もうれる也夏木立

sakuo 俳画

080310_they_even_sell_tea_s

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

鳴虫も

David先生の訳

singing insects, too
make music
in this world

一茶

鳴虫も節を付たり世の中は

1820年 58歳、前年長女を亡くす。

10月次男が生まれる。

Sakuoの評.

虫は何の節を付けたでしょう。楽しい?悲しい?

一茶にはどちらにも聞こえました。

Sakuoの英訳

singing insect too

with a melody

in this world

080309_singing_insect_too_s

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

真似し烏

David先生の訳

mocking the farmer
plowing, the strutting
crow

一茶

畠打の真似して歩く烏哉

by Issa,

1814年 54歳, visit http://cat.xula.edu/issa/

Sakuo の評

最初は春の句と思った。 

後に厳しい句と悟った。

カラスは何故農夫の後を追うか?耕す跡から虫の幼虫が出てくる、

それを食べて、春の子育てをするからである。

カラスの虫を拾う仕草が、鍬の上げ下げに似ているのを、詠っている。

一茶は何時も自然も人も厳しく観察している。

080308_mocking_the_farmer_s

| | コメント (0)

2008年3月 7日 (金)

浮葉 浮葉

David 先生の訳

floating leaves, floating leaves
lotus blossom horseflies
feed

一茶 1810年

うき葉うき葉蓮の虻にぞ喰れける

http://cat.xula.edu/issa/

Sakuo の評

1810年、一茶の父没後 10年経つた。

この間半分わけを要求し、遺産争いを義弟と続けていた。

年もとりいよいよ江戸を離れ、故郷に定住しようとした。

この年の5月覚悟を決めて、義弟との対決に臨んだ。

しかし猛反撃にあい破れた。村の人も弟に加担した。

一茶は江戸暮らしを家なし職なしの浮き葉と思っていた。

小林家はそれなりの土地持ちで、馬で賃運びも出来た。

資産あり豊かな蓮といえよう。

だがそれは弟に独り占めされていた。

彼らはすごく怒りアブの如く一茶を激しく非難したのである。

080307_floating_leaves_s

| | コメント (0)

2008年3月 3日 (月)

麦秋

David先生の訳

the barley's autumn
like real autumn...
cold drizzle

麦秋や本の秋より寒い雨

一茶, 1824年

sakuoの評

秋は六月頃、初夏である。秋のように寒くない。

何故、一茶は寒いと云うのか?

1824年5月二番目の妻と結婚、わずか二ヶ月半、8月に

離婚した。

彼女は一茶にとって冷たい存在だった。.

http://cat.xula.edu/issa/

080303_the_barleys_autumn_vs

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »