« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月17日 (火)

八月に戻ります

08_06_14_operated_tree_s

昨日庭師が来ました。

夏に向け枝を切り葉を整えました。

明日入院します。そして6月23日に 外科手術を受けます。

99%安全な手術ですが回復には時間が掛かります。

そこで私のブログを一時閉鎖します。

8月中には再開出来るでしょう。

俳句と俳画

術受けし 木緑にならん  八月に

jyutu ukesi  ki midori ni naran  hatigatuni

operated tree

will be green again

on August.

| | コメント (0)

2008年6月13日 (金)

東寺

小林一茶 1792年
to^ bakari miete to^ji wa natsu kodachi
塔ばかり見へて東寺は夏木立

David's English
Toh Temple--
just its pagoda shows
over the summer trees

by Issa, 1792
The haiku refers to To^ji, a Buddhist temple in Kyoto. Shinji Ogawa comments, "[Issa] skillfully depicts the vigorous green foliage in summer without mentioning anything about the foliage itself."
#visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo haiga

080613_tohji_s

| | コメント (0)

2008年6月12日 (木)

赤貝

小林一茶  1804年 42歳

赤貝を我もはかるよ梅の花
akagai wo ware mo hakaru yo ume no hana

David's English

surveying also
bloody clams...
plum blossoms

# visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo renku

何を如何してはかるかしら
nani wo dousite hakaru kasira

what do you survey?
how do you mesure?

080612_bloody_clams_s2

| | コメント (0)

2008年6月11日 (水)

the muddy road

小林一茶 1822年
泥道を出れば卯の花なかりけり
doro michi wo dereba u [no] hana nakari keri

David's English
leaving the muddy road
and the blooming deutzia
behind

by Issa, 1822
In Shinji Ogawa's interpretation, Issa has left the muddy road (a good thing) but has left behind the blooming deutzia (a bad thing).
#visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo renku
あるのは空と雲ばかり
aruno ha sora to kumo bakari

only existing
sky and cloud

080611_the_muddy_road_s

| | コメント (0)

2008年6月10日 (火)

風が払って

小林一茶 1820年

庵の煤風が払ってくれにけり

io no susu kaze ga haratte kure ni keri

David 先生の訳

kindly the wind
sweeps my sooty

hut

by Issa, 1820

#visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo

昨年長女亡くなる。今年10月5日二男生まれる。10月16日中風で倒れる。

日本の諺。

捨てる神あり拾う神あり

one God give up me

another God save me

080609_kindly_the_wind_s2

| | コメント (0)

2008年6月 8日 (日)

春風や

小林一茶 

春風やひらたく成って家根をふく

haru kaze ya hirataku natte yane wo fuku

David's English

spring wind--
my thatched roof
blown flat

by Issa, 1812

Normally, I translate haru kaze as "spring breeze," but this haiku suggests a forceful "wind."

To unsubscribe, visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo haiga.

080608_spring_wind_s2

| | コメント (0)

2008年6月 7日 (土)

秋の蝉

小林 一茶

 45

行雲やかへらぬ秋を蝉の鳴く

David 先生の訳

departing clouds--
"Autumn won't return"
the cicadas sing

http://cat.xula.edu/issa/

sakuo renga

080607departing_clouds_s2

| | コメント (0)

2008年6月 6日 (金)

雁鴎

小林 一茶 1813

雁鴎おのが雪とてさわぐ哉

David 先生の訳

geese and gulls
raise a ruckus...
"It's my snow!"

1813年 51歳、秋に相続争い決着し、彼の家を弟とに分割して移り住む。

http://cat.xula.edu/issa/

sakuo の連句と連画

兄弟で一つ屋根分け雪来る

by the brothers

one roof devided

and snow coming

080606_geese_and_gulls_s

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

たまに来た

小林 一茶 180747

たまに来た古郷の月は曇りけり

David 先生の訳

a glimpse of moon
over my home village...
then clouds

父の七回忌で故郷へ帰る。相続争いが本格的になる。

sakuo の俳画

080605_a_glimpse_of_moon_s2

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

髭殿や

小林一茶 181250

髭どのに先こされけりはつ松魚

hige dono ni saki kosare keri hatsu-gatsuo

Davidの英訳

Sir Whiskers
has first crack
at summer's first bonito

by Issa, 1812 aged 50.http://cat.xula.edu/issa/

Sakuo  俳画

080603_sir_whiskers_s2

| | コメント (0)

世話好きや

小林 一茶 1825

世話好や不性不性に冬籠

sewazuki ya fusho^-busho^ ni fuyugomori

David 先生の訳

the do-gooder reluctantly

begins...

his winter seclusion

http://cat.xula.edu/issa/

Sakuo

一茶と義弟の家族は相続争いを長い間した。

然し結婚後、特に赤ん坊が出来てからは仲良く

なった。

英訳をDavidの彼から、herに直した。

連句

隣の義母や 赤子離さず

tonari no gibo ya  akago hanasazu

mother-in-law …

didn’t our baby go off

080602_the_dogooder_reluctantly_s3

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »