« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

同じ枕の

一茶

母親と同じ枕の手負哉

David 先生の訳

sharing the same pillow
with his mother...
wounded deer

This image of a fawn lying next to his dying mother (wounded by a hunter's arrow), is one of Issa's most tragic.

visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 俳画

1765年一茶3歳の時、母死す。

これが彼の悲劇の始まりであり、また俳句の基礎になった。

080731_sharing_same_pillow_s

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

身一つ

小林一茶 1810

身一つも同じ世話也花の春

David’s English

for my life too
help arrives...
spring blossoms

by Issa, 1810

#visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo comment and haiga..

1810, age 48, being single in Edo, wishing to return home village..

080730_for_my_life_too_s

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

茶袋

小林一茶 1822年 60歳

.陽炎の立や垣根の茶ん袋

kagero^ no tatsu ya kakine no chan-bukuro

David 先生の訳

heat shimmers rise--
on the fence
a pouch of tea

#visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo の評

茶袋は茶粥に使われる。茶粥は関西では朝飯に、

関東ではどちらかと云うと病人食。

この時、一茶の妻は身ごもっていた。

1822年60歳、3月三男誕生す。

sakuo 俳画

080728_heat_shimmers_s

| | コメント (0)

2008年7月27日 (日)

山の菊

小林一茶 1820 58

山の菊曲るなんどはしらぬ也

David先生の訳

mountain chrysanthemum--

growing crooked's a thing

it knows nothing about

visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo の評

一茶の妻は菊と言った。

彼女は働き者で、頑固な性質だった。

彼等は良く喧嘩をした。

1820年10月5日次男が生まれた。一茶は菊に赤子をおんぶするなと

注意していた。菊は云う事を聞かなかった。

翌年一月赤ん坊は母の背中で死んだ。

sakuo 俳画

080727_mountain_chrysanthemum_s

| | コメント (0)

2008年7月25日 (金)

初雪や

小林一茶 1821

初雪や一二三四五六人

hatsu yuki ya ichi ni san yon go roku hito

David’s English

first snowfall
one, two, three, four
five, six people

# visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 評

575のリズムに乗せて二行、三行をどう詠むか?

一二三四五六人 (ichi ni san yon go roku hito)

二行

ichi     ni   san    yon

♪♪ ♪_ ♪♪ ♪♪= 7 音節+ 1 休止符

三行

go   roku  hito

_ ♪♪ ♪♪= 5 音節と1休止符

以上私案であるが、575のリズムが我々が初雪の中にいるような

感じを与えていると思う。

sakuo 俳画

080725_first_snowfall_s

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

星迎え

小林一茶 1818

しゃんしゃんと虫もはたおりて星迎

David先生の英訳

chirr-chirr! insects also
work their looms...
stars of Tanabata

# http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 俳画

080724_stars_of_tanabata_s2

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

夕けむり

小林一茶 1809

夕けぶり鳩吹人にかかりけり

yu^ keburi hato fuku hito ni kakari keri

David 先生の訳

evening smoke--
on the man playing pigeon flute
it hangs

# visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 評と俳画.

1819年一茶 57歳、

6月 長女さと亡くなる。

夕けむりは煙突から立ち昇り、夕餉の支度を知らせる。

鳩笛は子供のもの、単調で少し悲しい。

人は一茶、娘の為に吹いている。

妻が夕餉の為に呼びに来た。

鳩は暫く、夕暮に 鳴いている

080721_evening_smoke_2_s_2

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

磯寺

小林一茶 1818

磯寺や座敷の霧も絶え絶えに

iso-dera ya zashiki no kiri mo tae-dae ni

David先生の英訳

seaside temple--
the room in the mist
grows faint

by Issa, 1818 . http://cat.xula.edu/issa/

sakuo

霧は海からやってくる. Gabiさんが教えてくれた。

霧は絶え絶えに、妖精が部屋に忍び込む様だ。

080719_seaside_temple_s

sakuo 俳画.

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

煤けた畳

小林一茶 1806年
煤くさき畳も月の夜也けり
susu kusaki tatami mo tsuki no yo nari keri

David先生の訳
on a soot-grimed
straw mat too...
moon gazing

by Issa, 1806
The original haiku ends with the phrase,
"it's become a moonlit night" (tsuki yo nari keri).
The moon-gazing is implied. Other moon watchers sit on fine tatami mats,
but one poor participant (Issa?) sits on a soot-stained one. For all, it's the same moon.
# visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo の評

1806年 44歳 江戸に住む。この頃一番の先生は夏目成美だった。

彼は有力な札差しであり一茶の日常の生活の支援していた。

煤けた畳は囲炉裏の近く、居間か台所にあった。一茶はそこに座っていた。

客間には月見の客が集まっていた。.

彼等の陽気な声は寂しい一茶に届いていたに違いない。

sakuo 俳画

080718_sootgrimed_s

| | コメント (0)

2008年7月16日 (水)

みたらしや

小林一茶 1818年
みたらしやすみ捨てある後の月
mitarashi ya sumi sutete aru nochi no tsuki

David's English
purification font--
thrown in a corner
the Ninth Month moon

The font holds water for hand-washing purification at a shrine--
and a reflection of the full moon of Ninth Month, 13th day.
In the old calendar, there were two harvest moons:
the 15th day of Eighth Month (this is the more important meigetsu)
and the 13th day of Ninth Month.

#visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 俳画

080715_purification_font_s3

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

富士額

小林一茶 1818

朝不二やとそのてうしの口の先

Davids 先生訳

Mount Fuji dawn--
a New Year's sake toast
at my lips

Or: "at his lips" or "at her lips." Spiced sake (toso) is a New Year's drink.

To http://cat.xula.edu/issa/

visit

sakuo の評

1818年 一茶56歳、4月娘 誕生。

彼に取り最高の年だった。

とその てうしの= bottle of happy sake

口の先= at the tap of

富士山はこの句の中には存在しない。妻きくの富士額である。

sakuo の訳

morning Fuji Mount ---

at the tap of bottle

New Years sake

sakuo の連句

杯受ける その富士額

receiving with cup

her Fuji forehead

080713_morning_fuji_s4

| | コメント (0)

2008年7月11日 (金)

緑の庭へ

皆様へ

20日の入院後無事帰りました。

心臓の手術は成功しました。新しいエンジンが手に入りました。

自由に歩き廻れます。リハビリには未だ数か月掛るでしょう。

御支援有難うございます。

フォト俳句

生還す緑豊かな我が庭へ

being alive

back to my garden

rich greens

Back_to_my_garden_s2

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »