« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

雲の峰

Issa 一茶

雲の峰いささか松が退くか

kumo no mine isasaka matsu ga shirizoku ka

David’s English

billowing clouds--
have the pine trees
shrunk a bit?

by Issa, 1803

Literally, Issa wonders if the pines have "retreated" (shirizoku): they look smaller below the massive "peaks of clouds" (kumo no mine). http://cat.xula.edu/issa/

sakuo haiga

081001_billowing_clouds_s

| | コメント (0)

2008年9月29日 (月)

御身

Masajyo 真砂女

onmi omu koto ikabakari kari kaeru

御身思うこと如何ばかり雁かえる

Lee and Emiko’s English

your well being

how much I care…

the geese depart

Seasonal word: geese depart ( winter)

sakuo haiga

080929_your_well_being_s

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

雪融け

Issa 一茶

yuki-doke ya junrei shu^ mo asa no koe

雪どけや順礼衆も朝の声

David’s English

melting snow--
the morning voices
of pilgrims

by Issa, 1810

http://cat.xula.edu/issa/

sakuo haiga

080928_melting_snow_s

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

日向ぼっこ

Masajyo 真砂女

ふところに手紙かくして日向ぼこ

futokoro ni tegami kakusite hinataboko

Lee & Emiko’s English

your letter concealed

in my Kimono’s breast pocket---

baking in winter sun

Seasonal word: baking in winter sun ( winter )

sakuo haiga

080927_letter_concealed_s

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

夕晴れ

Issa

 一茶

yu^bare ya asagi ni narabu aki no yama

夕晴や浅黄に並ぶ秋の山

David’s English

clear evening--
lined up in the pale blue
autumn mountains

by Issa, 1816  http://cat.xula.edu/issa/

sakuo haiga

080925_clear_evening_s_2

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

薄もの

Masajyo 真砂女

羅や人悲します恋をして

usumono ya hito kanasimasu koi wo shite

Lee & Emiko’s English

sheer summer kimono

it pushes them into misery

this love of mine

Seasonal word: sheer summer kimono ( summer )

Note: When Masajyo was 31 years old, she fell in love with one of hotel’s quests, Air Force Lieutenant Y.M.(1913-1977), then 24 years old.

In those days infidelity was a crime in Japan. Masajyo thought of herself

as a sinner and felt sorry for her parents, her husband, her lover, and

for herself. This is among the most popular of her love haiku.

sakuo haiga

080924_sheer_summer_kimono_s

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

田の雁

Issa 一茶

田の雁や里の人数はけふもへる

ta no kari ya sato no ninzu wa kyo^ moeru

David’s English

rice field geese--
the village's population
surges

by Issa, 1811

Jean Cholley relates this haiku to the fact that many villagers in Issa's province of Shinano left in the cold autumn to seek work in Edo (today's Tokyo) http://cat.xula.edu/issa/

sakuo haiga

080922_rice_field_geese_s

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

火蛾

Masajyo 真砂女

火蛾舞へりよき襟あしをもてる人

higa maeri yoki eriashi wo moteru hito

Lee & Emiko’s 英訳

a moth dances into the flame---

the nape of man’s neck

draws me in

Seasonal word: moth (summer)

sakuo 俳画

080921_a_moth_dances_s

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

お喋り雀

Issa 

一茶

むだ鳴になくは雀のまま子哉

David 先生の訳

crying his cry

in vain…

the stepchild sparrow

by Issa, 1824

Issa was a stepchild.

visit http://cat.xula.edu/issa/

sakuo 俳画

1824年一茶は二度目の結婚をする。妻は武家の育ち、寡黙を好む。

一茶は嬉しくて、妻に甘えて、ついお喋りになる。

「男は無駄口をきかない事」 妻に言われて拗ねる。妻は二度目、母も

継母(二度目)

080920_crying_his_cry_s

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

春淋し

Masajyo 真砂女

春淋し波にとどかぬ石を投げ

Lee & Emiko の英訳

spring loneliness---

it falls short of the surf

this stone I toss

when I was filled with loneliness, I often went to the seaside in the mornings and evenings. With my thin arm I would toss a stone to the rough surf, but the stone hardly reach it. I felt I was completely helpless and trapped in my destiny at that time.

sakuo 俳画

080919_spring_loneliness_s

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

教文館とアップル社

銀座

は東京の歓楽街の中心である。

料理、ファッション、文具、アクセサリー 等々。

江戸時代から続くお店も多い。

ここ十年不思議な現象が続いている

多くの外国の会社が銀座にお店を出した。

今や銀座は外国人で占領された感がある、とくに有名ブランドの店が

そうである。

昨日私は此の写真の場面を見た。

080918_apple_and_old_book_store

sakuoの俳句

教文 は有名な伝統ある本屋さん、銀座の中心にあり、特にキリスト教関係の本で有名。

 

教文館 リンゴ実りて 木の葉枯れ

kyobunkan ringo minori te konoha kare

old book store---

Apple gets fruits

and a leaf wither

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

蛍火や

Masajyo 真砂女

蛍火や女の道をふみはずし

hotarubi ya onna no miti wo fumi hazushi

Lee & Emiko’s English

firefly light

I step off the path

of woman’s virtue

sakuo haiga.

080917_firefly_light_l

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

名月や

一茶

名月を取ってくれよと泣く子哉

sakuo の英訳

the fine moon

let me get it

crying child

日本では 9月15日は秋の月見の特別な日です。

昨日一茶が娘、里と月見している俳画を載せました。

陳さんの俳画

台湾の80歳を越えた私の友人んの 陳淇澤 さんが素晴らしい俳画を

送ってくれました。その中で里は母親の背中でこう叫んでいます。

” お月さん 取って~ ”

080916_moon_view_s_2

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

宵の月

一茶 1818

藪並に餅もつく也宵の月

David 先生の訳

in a stand of trees
pounding rice cakes...
evening moon

sakuo 俳画

View together with my baby Sato.

080915_in_a_stand_of_trees_s

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

清貧

俳句友達のWiscapisさんがヒントくれました。

私は落花生を蒸すといいましたが、間違いでした。

生落花生はゆでるのです。

清貧物語

昨日の生落花生は富士山の麓に住む姪が送ってくれました。

私は富士川添いで育っています。

川沿いの畑は肥沃な砂地です。豊かな収穫があり販売します。

しかし未成熟の小さな落花生が沢山残ります。

私たち質素な農民は洗って煮て食べます。小さすぎて未熟で

蒸したり、煎ったり出来ません。

生落花生を皆で食べる。それは楽しいひと時でした。

同じような経験をお持ちですか?

sakuoの俳句

清貧の

茹で落花生

世に出る

英訳

poor but pure

boild peanuts

world admit it

2008_09_14_peanut_recipe_2

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

生落花生の句

2008_09_13peanuts_from_cousin

姪より生落花生が届きました。 彼女は富士山の近くの町に住んでいます。

特別な落花生のレシピ

深鍋に生落花生を入れる。

海水ぐらいの濃さの塩加減で30分ゆでる。上げて冷ます。

ビールと酒に良し。

俳句

姪よりの

生落花生

宅急便

niece sending

raw peanuts

quick package mail

sakuo.

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

first snowfall

一茶  1810

初雪や鶏の朝声浅草寺
hatsu yuki ya tori no asa-goe sensôji

David 先生の訳

first snowfall--
the rooster's morning crow
at Senso Temple

http://haikuguy.com/issa/random.php?

sakuo 俳画

080912_first_snow_s

我ガリア人、仏の雄鶏なり。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

千鳥鳴く

一茶 1811

千鳥鳴九月三十日と諷ひけり
chidori naku kugatsu misoka to utai keri

David 先生の訳

plovers singing--
"It's the last day
of Ninth Month!"

旧暦では9月は30日だつた。それは秋の終わりの日である。

冬の鳥、千鳥が明日から始まる冬の季節を鳴いている。

http://haikuguy.com/issa/random.php?

sakuo 俳画

為すべき事は山ほどある。

080910_plovers_singing_s

| | コメント (0)

卯波

Masajyo 真砂女

あるときは船より高き卯浪かな

arutoki wa fune yori takaki unami kana

Lee & Emiko の英訳

at one time

rising above the boat . . .

April waves

真砂女は1906年から2003年生存し、96歳で亡くなった。

リーガーガと宮下恵美子は真砂女の句集”Love Haiku”を出した。

http://www.brooksbookshaiku.com/translations/masajolovehaiku.html

sakuo の俳画

卯波は大きく激しい。

真砂女は人生のシンボルとしてこの波を愛した。

情念は全てに勝る。

080909_at_one_time_s2_2

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

大菊の

一茶 年代不明

大菊の秋もずんずとくれにけり
ôgiku no aki mo zunzu to kure ni keri

David 先生の訳

for the big
chrysanthemum too
autumn ends quickly

http://haikuguy.com/issa/random.php?

sakuo 俳画

季語が二つ。一つは彼の妻。

080908_for_the_big_s

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »